ホーローのキャニスターやケトル、鍋などのOEMやODM製造は株式会社祥豊まで!

オリジナルブランドのコンセプト

オリジナルブランドのコンセプト

「品質第一」におきましては、
琺瑯(ホーロー)製品をつくる上での品質保証上必要な
鋼板、釉薬、焼成炉を日本の大手企業と取り組むことによって、
日本製の琺瑯製品の品質レベルとも戦える最高水準の生産設備等を
中国工場に設置いたしました。
人材育成面に関しては、社員は経験者を中心とし、
管理責任者レベルの人員等、生産ラインの各工程の重要箇所へキーマンを配置し、短期間の人材育成を行ってまいりました。
「顧客満足度の向上」におきましては、
コスト、納期、ロットといったお客様の要望に対しては迅速対応し、
また、琺瑯(ホーロー)業界を取り巻く環境・情報・市場動向の変化を常に見極め、
お客様に満足頂けるよう改善・革新を繰り返しよりよい製品作りに取り組んでおります。
「品質第一・顧客満足度の向上」というモットーで、
時を経てなお変わらないこのキーワードを一層強化し、
世界に通用する製品作りに全力をあげ、世界の市場で世界の企業と競争する、
インターナショナルな企業として前進して参ります。

琺瑯(ホーロー)製品が出来るまで

     
1.生地加工

琺瑯(ホーロー)用鋼板を鍋やケトルなどの
琺瑯(ホーロー)加工を施す器具の形に圧搾機で生成します。
※生地は炭素分の少ない琺瑯鋼板で出来ています。

2.釉薬掛け準備

鋼板の表面についた油やサビを、脱脂剤・水・酸などで洗います。
(脱脂剤⇒水⇒酸⇒ニッケル)














3.釉薬掛け加工

下地用に釉薬生地を浸してくすりを掛けます。
※浸し掛け…釉薬に直接浸します。
釉薬が多目に要りますが、一番均一に施釉できます。






4.上くすり掛け

製品を美しく仕上げ、耐久性、耐熱性などを
持たせるため、上くすりを掛けます。

4.上くすり掛け
5.補修・乾燥

釉薬の細かいシミや穴を補修して乾燥させていきます。






完成




6.焼成

炉の温度は800〜850℃。
一つ一つ金具で吊り下げて、一列に並んで
焼成されていきます。

ページトップへ戻る

HOME 新着情報 オリジナルブランドのコンセプト 商品紹介 ホーローについて
OEM・ODMについて その他取扱い商品 会社案内 English(Office Profile) お問い合わせ